40代におすすめの基礎化粧品を選ぶ秘訣|老け顔とByebye

笑顔

保湿成分などの補充を

水

不足する栄養成分とは

多くの人が肌の衰えを実感しだすのが30代からです。20代の頃は見られなかった肌のトラブルが目立ち始める年代です。疲れがすぐに肌に現れたり、シミが出来て悩むことも増え始めます。そのため30代の基礎化粧品選びでは、そのような体の変化も知った上で不足しがちな栄養成分を補充できるように意識しておきます。30代で特に不足しがちとなる栄養成分には保湿成分全般が挙げられます。例えばセラミドやヒアルロン酸もそれに入ります。どちらも年齢とともに失われていく保湿成分として有名です。セラミドは水分を挟み込む働きがあります。そしてヒアルロン酸は水分を抱え込む働きを持っています。どちらも基礎化粧品から補充できるので、この2つの成分を配合しているものをは、30代では特にお勧めできます。

シミは美白成分で対策

顔に出来てしまったシミはコンプレックスにもなりがちですが、30代のスキンケアではそれらの肌トラブルもしっかりと対処すれば比較的短期間で消すことも可能です。そのためには基礎化粧品選びから工夫をすることが重要です。シミに対しては美白成分で対抗できます。毎日使用する基礎化粧品で、美白成分を配合したものを用いることで、シミの原因となっているメラニン色素を徐々に排除していくことができます。美白成分にはビタミンC誘導体や、ハイドロキノンなどがあります。特にハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と呼ばれるほど効果が高いので、シミに悩んでいる30代の方ならば、基礎化粧品にハイドロキノンが配合されているものを選ぶのも効果的です。